Blog

本当に怖いの!?信用取引のデメリットについて考える

信用取引は証券会社からの借金なので怖い?

信用取引は株取引の幅を広げてくれます。しかし、その内容について知ると、漠然とした恐怖感にとらわれます。ここではその恐怖感の正体が何なのか、その一端について考えてみます。まず、信用取引は証券会社から株を借りて行われる取引です。レバレッジや資金管理を十分に行っていれば安全性は高いのですが、中には「借金をしてギャンブルすることと同じ」という乱暴な理解をしている人も未だ多くいるのが現状で、こうした意識が信用取引に対する恐怖感に結びついているのです。

信用取引は追証が発生するから怖い?

信用取引で損失が出て、その額が委託証拠金を超えてしまった場合には「追証」が発生します。追証が発生すると、わずか数時間で証券会社の口座に不足の金額を入金する必要に迫られるなど、言い知れぬ恐怖感に満ちた緊急事態が発生すると考えられがちで、これが信用取引に対するハードルを上げてしまっています。しかし、実際は少しのリスクコントロールさえ行っておけば、追証の発生をかなり低く抑えることができます。むしろ追証に恐怖感を感じている人の方が追証を発生させる可能性が低いので、信用取引をするのに向いていると言えます。

信用取引はコストがかかるから怖い?

信用取引は証券会社から株を借りて行うため、取引日数に応じて金利がかかります。また手数料も割高になる場合があるため、現物取引よりもコストが増加しやすいと言えます。こうしたコスト増を嫌って信用取引を敬遠する人もいますが、例えば金利はデイトレードであれば全くかかりません。また信用取引を現物取引の補完・補完として運用すれば、手数料もそこまで気になるほどではありません。そもそも信用取引は株取引の幅を広げてくれるものですので、若干のコスト増を嫌っていては利益を拡大させるチャンスを逃してしまいます。

信用取引は証券会社から資金を借りることが出来るので、元手が少ない場合でも取引を始めることが可能です。