Blog

ファイナンシャルプランナーの資格の勉強方法

独学は1つの注意点が存在する

独学でファイナンシャルプランナーを目指している方もいると思いますが、独学で不可能なことはないものの1つ注意をしないといけないことがあります。それは試験に関連する法律や制度に変更があることがありますが、それに気付けるか?どうかです。それに気付かないで勉強していると、せっかく努力したのに、それが点数に反映されないということもあります。そういった点に注意しながら勉強していけるのであれば、独学であってもファイナンシャルプランナーの資格取得は十分可能でしょう。

通信講座は忙しい人でも利用しやすい

ファイナンシャルプランナーの資格を通信講座で取得する場合には、法改正などの重要な変更点はすぐに変更されてテキストなどが作成されるので、安心しながら勉強は出来るでしょう。ただ、独学の場合にも当てはまりますが、家でやることが多いと思いますから、自分を律して勉強に集中しないといけません。通信講座は課題などを出して、それに添削してくれたりする点、指導してくれる点はスクールなどと変わりません。ただ、勉強するタイミングが自分で自由に決められるので、忙しい人には合っているでしょう。

スクールは1番勉強に集中できる

スクールの場合は、校舎に通って勉強することになりますから、誘惑がなくて勉強に集中しやすい環境は整っています。気になることがあれば、すぐにでも聞けますし、疑問を解決しやすい環境があるので、勉強には1番向いているでしょう。ただ、通う日や時間帯によっては仕事などで忙しくて通えない日が生まれてしまうかもしれませんから、そういった場合のサポート体制などが充実しているところが良いですね。遅くまでやってくれているとか、代替で授業を受ける方法があるとか、そういったサポートがあるスクールが望ましいでしょう。

ファイナンシャルプランナーの講座は基礎的な部分から分かりやすく解説されているので、効率的に知識を学ぶことが可能になっています。