Blog

米国金利上昇が世界経済に及ぼす影響とは?

利上げが円相場に及ぼす影響

米国の利上げがいつになるのかというニュースが、連日マスコミでとりあげられています。それでは、なぜこのニュースが重要なのでしょうか?まず、米国の金利が上がるということは、米ドルを持っていれば、その金利収入も上がるということを意味します。ですから、他国の通貨を売って、米ドルを買うという動きが予想されることとなります。そうすると、例えば、円を売って、米ドルを買うという取引が増えて、円安・ドル高になることが予想されます。

利上げが新興国通貨に及ぼす影響

ここで心配されているのが、新興国の通貨です。すなわち、今までは先進国の通貨を持っていても全然利子がつかないので、多少のリスクはあっても新興国の通貨を買っておくという状況がありました。しかし、米国が利上げをするということになると、リスクのある新興国の通貨を売って、安定した収益を生む米ドルを買うという動きが加速するかもしれません。そして、新興国の通貨はもともと供給量が少ないですから、このような取引が増えると、通貨価値が急落する可能性が出てきます。

利上げと債券投資・株式投資

また、米ドルの金利が上がれば、米国債券への投資で金利収入が得られますから、株式への投資から債券の投資へと、資金の流れが変わるかもしれません。しかし、これには別の意見もあります。すなわち、米国の景気が良くなって金利が上がる訳ですから、当然企業の利益も増大しており、従って株価は値上がりすることが予想され、株式投資は活況を呈するはずだという考え方です。つまり、株価は利上げ発表直後に多少下がるだけで、後は値上がりするという意見です。

外国為替で金利の高い通貨はその分リスクが高いものです。主なリスクとしては、政治的、地勢的なものが挙げられます。