Blog

やる気があれば受かる!司法書士試験の勉強法と勉強時間

司法書士試験の概要と受験資格

司法書士試験は、司法書士になるために合格しなくてはならない試験です。受験資格は、年齢や学歴に関係なく、誰でも受けることができるのが特徴で、毎年7月の第1または第2日曜日に記述試験が、10月に口述試験が行われ、11月に最終合格発表が行われます。7月の記述試験では午前にはマークシート式のテストが、午後には記述式のテストが行われます。司法書士試験では、憲法や民法などの法律関係の知識が幅広く問われるので、十分な試験対策が必要です。

専門学校で勉強する方法、独学で勉強する方法

司法書士試験の勉強をする場合、資格専門学校などに通って勉強する方法と、自分で勉強計画を立てて独学で勉強する方法があります。資格専門学校では、過去の実績によって確立されたカリキュラムに沿って勉強することができるため、独学よりも効率的な勉強をすることができます。しかし、専門学校での勉強は、独学よりも費用が高くなってしまうことがデメリットです。独学で勉強する場合は、モチベーションの管理から勉強計画、参考書選びまで自分で行わなければならないので、自分で考えて勉強するのが苦手な人には向いていないかもしれません。独学のメリットは、専門学校に通うよりも費用が抑えられる点と、自分のペースで勉強できる点です。

司法書士試験の勉強時間は?

司法書士試験に合格するために必要な時間は平均で2000時間以上必要だと言われています。どんなに記憶力が優れている人でも、1500時間以上は必要になるでしょう。そのため、少なくとも1年以上の勉強計画を立てる必要があります。1年で合格しようと思った場合、1年間で1500時間勉強しようと思ったら1日4,5時間は勉強に時間を割く必要があります。司法書士試験の勉強は、最低でも1年はかかると思って勉強計画を立てたほうが良いでしょう。一般には、司法書士試験を受ける人は、勉強に2~3年かける人が多いようです。

司法書士の試験の対策を立てるには、各地の予備校を利用することや、実務経験者にアドバイスを受けることが有効です。