Blog

意外と簡単!?行政書士資格を取得するための勉強法

様々な手続き代行が行える行政書士

現在行政書士の資格の取得を検討している人は多いです。しかし働いているため勉強時間が確保できなかったり、なかなかやる気が出ないといった理由から、勉強が捗らないという人も少なくありません。ですがそういった人でも次のようなポイントを押さえながら学習することで、独学でも十分行政書士資格を取得することが可能となります。まず挙げられるのがどういった時間に勉強するかという方法です。自身の生活スタイルに合わせて早朝に行うのか、仕事が終わってからの夜に行うのかを事前に決めておきます。

短時間で効率よく勉強する

勉強する時間が決まったら、次はどの程度続けて勉強を行うかという点です。多くの人の集中力が続くのは1時間から2時間程度とされており、それ以上の時間を勉強に当ててもなかなか学習できないという事態を招きかねません。そのため長時間勉強するのではなく1時間から2時間のうちに勉強する項目を絞り、重点的に学んでいく必要があります。また学習内容についてわからなかった部分はしっかり復習し、次の項目に移るようにするのも重要です。

様々な学習方法を活用する

自宅内の学習以外にも最近は様々な方法が存在します。リスニングCDやDVDを利用し、通勤時間などを有効活用する方法や、スマートフォンやタブレット、ノートパソコンなどを利用し、外出先でも学習することができるなど方法は様々です。そのため自宅内での学習のみに絞らず、様々な学習方法を活用しながら行政書士資格の取得を狙うことをお勧めします。場合によっては少し高額な費用がかかりますが、スクールなどに通うのも一つの手です。

行政書士の試験は、毎年11月に行われます。法律の知識が問われる試験で、法科大学院生が腕試しとしても受験するため、実際の合格率より難しく感じる試験です。